令和4年度 「筑後川のめぐみフェスティバル2022」実施報告

福岡都市圏の水道水の約3分の1を頼っている「筑後川」への感謝の気持ちを込めて、都市圏住民と流域住民の交流を深める「筑後川のめぐみフェスティバル2022」を福岡市役所西側ふれあい広場にて開催しました。

1 実施日時

令和4年10月15日(土) 10時30分~17時00分
      16日(日) 10時00分~16時00分

2 場所

福岡市役所西側ふれあい広場(福岡市中央区天神1-8-1)

3 来場者数

10月15日(1日目) 4,589名
  16日(2日目) 4,109名

合計 8,698名

4 実施の様子

(1)オープニングセレモニー

【オープニングセレモニー出席者】
<福岡都市圏の市長・町長・キャラクター>
①篠栗町 三浦町長、②春日市 井上市長、③糸島市 月形市長、④福岡市 光山副市長、⑤福岡市水道局 坂本管理者、⑥福岡地区水道企業団 中村企業長、⑦流域連携基金キャラクター「ちっこりん」、⑧福岡市水道局マスコットキャラクター「水道ボーイ ふくちゃん」
<筑後川流域市町村の観光大使・ご当地キャラクター>
①朝倉市観光大使「第40代女王卑弥呼」、②朝倉観光協会キャラクター「卑弥呼ちゃん」、③佐賀市観光
親善大使、④東峰村ふるさと観光大使、⑤東峰村キャラクター「とほっぴ」、⑥日田市“水郷ひた”観光親善大使、⑦みやき町地域おこし協力隊、⑧観光柳川キャンペーンレディ水の精、⑨うきは市マスコットキャラクター「うきぴー」、⑩小郡市観光協会キャラクター「オリリン・ヒコリン」、⑪神埼市マスコットキャラクター「くねんワン」、⑫大刀洗町ご当地キャラクター「菊池武光公」、⑬吉野ヶ里町歴史公園マスコットキャラクター「ひみか」

(2)筑後川交流物産展

筑後川流域市町村からは18市町村、50事業者が出展しました。
筑後川流域及び水源地域の魅力あふれる特産品が並び、来場客で賑わいました。

(3)水の啓発コーナー

「水の啓発コーナー」では、①水道水、②ミネラルウォーター、③海水淡水化水を当てる「利き水コーナー」や、ダム模型の展示コーナー、筑後川本格改修100周年記念展示などが出展し、普段何気なく使っている「水」のありがたさや、水道水の安全さ、治水・利水に関する取り組みなどの広報啓発が行われました。

(4)観光PRステージ・物産品抽選会

筑後川流域市町村のうち、15市町村がステージ上で観光PRを行い、場内で物産品を購入した来場者に賞品があたる抽選会を行いました。

(5)ステージパフォーマンス

筑後川流域市町村の伝統芸能や、加藤淳也さんが歌う流域連携基金テーマソング「筑後川にて」、話題沸騰中の若手アーティストによるステージなど、豪華アーティストによるステージパフォーマンスが行われました。

(6)YouTube生配信

会場に来られない方などたくさんの方がイベントを楽しめるよう、YouTube生配信にて、出展ブースの紹介や、ステージイベントの生中継、筑後川と福岡都市圏の水事情などの情報発信を行いました。